So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

パリ、カプレーゼのサンドイッチの価格は [旅行]

パリ到着の日の夕食はスーパーで買い物してサンドイッチですませた。翌日目が覚めて腹が減ったので、こんどはスーパーでなくパン屋のサンドイッチを買いに行って見る。これがうまそうなので、買ってみる。4.5€だ。1€=120円だと540円で、結構な値段だ。しかしたっぷりチーズも入っているので、日本で540円では原価率を考えると難しいのではないだろうか。少し胡麻の匂いがしたけどRoquetteなのかな。芥子粒のようなものはなんだろう。バジルシード?それとシブレットcibouletteかな。resize18_0158.jpg

外側がとんでもなく固くて、日本のパンのつもりで食べると危ない。半分でちょうど良い量かもしれないが、腹が減っていたので一気食いしてしまった。resize18_0159.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

宿のそばで昼食 [旅行]

宿の近くで歩いてゆけそうな店だが、GoogleMapsで料理の写真を見て良さそうなので食べてみることにする。resize18_0156.jpgCeviche Daurade Royale Coco Citron Vert, Légumes Racines, Grenade
鯛のセビチェ、鯛には酸味はなくザクロの酸味なのかな。ディル。黄色いソースが酸っぱい。周りはバルサミコかな。これはうまい。
resize18_0155.jpgSelle D'Agneau Rôtie, Carotte panée Muesli, Cru Cuit Navet Cumin, Citron Confit
子羊のロティ、知らずにレモンコンフィをいきなり口に入れたらしょっぱかった。クミンの香りでアラブのような感じの子羊だな。これもうまかった。Navetは蕪。ジャガイモ人参も入っている。黄色いのはなんかひよこ豆っぽい(Hummus?)けどそうは書いて無いな。
Le Riffresize18_0157.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パリのスーパーで食品を買う [旅行]

resize18_0154.jpg旅行に出かけると食べるものも変わってしまうので体調維持に注意が必要だ。特にホテルで外食だと野菜や果物類が不足しがちになる。ホテルの朝食はコストパフォーマンスが良くないと思うので、宿泊料に含まれない限り食べることはあまりない。外食では料理に野菜もあまり無いので、体調がいまひとつになる。そんなことから、最近はレジデンスタイプの宿泊で冷蔵庫台所が付いている所を選んでいる。
近所のスーパーの買い物その2、MONOPRIXにて、Carlsberg500ml1.55、フルーツSOCULENTE4個1.47、セロリレムラード1.85、ヨーグルト4個1.75、BRANDADE MORUE4.99、サンドイッチ0.99、計12.6ユーロ
1€120円換算で
Carlsberg500ml186円、Soculente4個176円、セロリリムラード222円、ヨーグルト4個210円、Brandade de Morue599円、サンドイッチ119円、計1512円
缶ビール500mlは日本より安いが、日本のビールに対する酒税の高さを割り引くと同じくらいだろうか。ハイネケンは1.23ユーロだったのでカールスバーグはちょっと高い。
Souculenteはオレンジというかみかんのようなもので甘くてうまくて安い。確かスペイン産。量り売りで自分で計量してそのシールを貼ってレジで精算する。
ヨーグルトはクリーミーな感じ。日本でもヨーグルトは値段幅があるのでなんとも分からず。
サンドイッチはチーズでなくバターになると安い。
Brandade de Morueは鱈のブランダードで調理済みのパックで電子レンジで温めて食べた。ちなみにフランス語で電子レンジはMicro-ondes
セロリリムラードは根セロリのマヨネーズ和えとでも言うもので、キャロットラペと共に一般的な野菜惣菜だ。だいたいスーパーにあるのでこれが野菜補給に便利なのでこれを利用している。日本でも売られていれば良いのだが、なかなか普及はしないのかな。
パリのスーパーというのは少し「盛って」あって、実際はパリ市のほんの少し外にあるところだ。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

成田発でパリへAF機内食 [食事]

今回の旅行はドイツも含めて周りたかったが、ラグビーワールドカップボランティアの活動もあったので秋も深くなり、寒さに怖じ気づいてパリだけにすることにした。(天気予報などを見るとさほど気温は変わらないようだが、計画段階では寒そうだった)

成田発だと多少安いようで、特にパリから乗り継ぎして移動することも無いので、夕方パリ着でもまあ良いことにする。ビジネスへの有料アップグレードのオファーもあったが、とりあえずエコノミーで行くことにした。

REPAS
Salade de quinoa aux crevettes
Sauté de bœuf
pommes de terre / carottes / haricots verts
Fromage
Gâteau au citron et thé earl grey

エコノミーのシャンパーニュ、最近は深夜便に乗っていたが、昼の便だとゆっくり飲む余裕があった。resizet180130.jpg

キヌアと海老のサラダ、牛肉のソテー、チーズ、レモンとアールグレイのケーキ、ワインはPays D'Ocのシラー・カベルネresizet180134.jpgresizet180133.jpgバターは以前はフランスのだったけど、このところ日本発はニュージーランドのもの。味の違いは、さほど無いというか気にならない。resizet180132.jpgresizet180135.jpgresizet180143.jpg

到着前の夕食

Dîner

Salade coleslaw

Pâtes à la crème de poivron et parmesan

Mousse cassis

Pays d'OcのSauvignon blancresizet180136.jpg

このときの機材ではビジネスクラスのシートはフルフラットにならない古い形式のようだったので、ビジネスクラスにアップグレードしなくて結果的には良かった。以前マイルを使ってアップグレードしたことがあったが、昼発だと成田のラウンジでも時間に余裕がなかったし、機内食も後のほうだったので料理を選ぶことが出来ずちょっとさびしかった。今回はエコノミー席だが3人がけに一人だったので、とても楽だった。ラッキー!resizet180137.jpg


タグ:機内食
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パリ初日の夕食 [旅行]

やっと宿の部屋に入れて、腹も減ったので近くのスーパー、カルフールで簡単に買い物をする。

BADOIT0.79、ハイネケンビール1.23、リンゴジュース0.95、小さなチーズ菓子1.94、レジ袋0.1、サンドイッチ1.81、計6.82ユーロ
1ユーロ120円で計算するとBADOIT95円、ハイネケン缶ビール148円、リンゴジュース114円、小さなチーズ菓子233円、レジ袋12円、サンドイッチ217円、計818円
BADOIT炭酸水で95円はまあ安い。1lだったかな。日本だと大きなボトルの炭酸水はあまり見ない。ビールも安い。税込価格だ。リンゴジュースも安い。小さなチーズ菓子はちょっとした酒のつまみのようなもので、高いような気もするが、日本のこの種のつまみよりも好みの味だ。サンドイッチは日本よりちょっと安いだろうか。ハムとチーズのサンドイッチだ。普段はレジ袋をもって買いに出るのだが、さすがに疲れたし初日だったのでまったく思いつかなかった。ここのスーパーは有人のレジだったので係りの人にレジ袋を注文したが、このあたりのスーパーはセルフレジのところが多かった。ビールとつまみ、サンドイッチを食べると眠くなりそのまま寝てしまった。歯は磨いたけど。

resizet180141.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

豚肉の唐揚げ定食 [食事]

荻窪ことぶき食堂で豚肉の唐揚げ定食。都民の日で後楽園と庭園美術館を見たあと、地下鉄の24時間券を利用して荻窪までphaさんの『夜のこと』を買いに行く。

だいぶ午後遅くなり腹が減ったので、食べてみたいと思っていたことぶき食堂で食べることにする。昼食時が過ぎ、店内に客は自分だけだ。何にしようかと壁のメニューを見るが、有名らしい豚の唐揚げ定食にする。

消費税増税の日、ビールはこの日から中瓶にしたとのことで冷蔵庫で2時間くらい冷やしたところですがどうでしょうか?ということだったが、喉も渇いているし、触った感じでは大丈夫そうなので注文する。許容範囲には冷えている。喉が渇いていたのでうまい。

唐揚げは少し時間がかかるようだ。最初の揚げる音から最後には強い音がしたので、油の温度を変えて揚げているのかもしれない。外側がかりっと揚がっている。なぜか懐かしい味だ。もうはるか昔のことだが、母が作る弁当に入っていたかもしれない。

豚の唐揚げは中華料理でも好きだが、時々は食べたくなる料理だ。東京西部にはあまり縁がなく、荻窪というところもたぶん初めてだと思うが、昭和の雰囲気がまだ少し残る、懐かしい感じの町だった。resizet180119.jpg

resizet180120.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぶろぐひっこし? [日々]

ss-blogになって、どうもAdSenseは無理そうな感じだな。まあそろそろ写真も領域限度に近いことだし、別のところでやってみるかな、というところ。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

都民の日に後楽園と庭園美術館 [日々]

都民の日に都営の公園が入場無料になるので、まだ行ったことがなかった公園に行ってみた。松などがある日本式の庭園のあるところが良いと思って、後楽園と庭園美術館を候補にした。

まず後楽園だが、隣の球場も有名なところだが、まだ行ったことが無い。野球も子供の頃は(おつきあいで)やったが、いまはほぼ興味が無いので、このあたりは来ることもなかった。駅を出て、後楽園の入り口までは少し歩く。園内に入るとすぐに野球ドームが見えるというのもなんだが、広い庭園で良く手入れされている。wikipediaによると

「江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。」

歴史は古く、樹木や庭園内の建物なども残っていればさらに魅力があったのだろうが、関東大震災と東京大空襲で焼失したものが多いそうだ。こんな広い庭園で焼失というのも少し不思議だが、今の後楽園球場のあるところに旧東京砲兵工廠があったので、攻撃目標に近いのもあったのだろう。それと工場による汚染もあったらしい。この話を聞くまでは、樹木は古い物なのかなと思っていたが、多くはその後に植えられたものだろうか。もう戦後74年も経っているのでそれなりには大きくなっているのかもしれない。

resize18_0142.jpg

紅葉の頃はまたきれいかもしれない。今は彼岸花で、被写体としてシルバー世代を惹き付けて止まないようだ。シルバーホイホイresize18_0141.jpg

次に白金の庭園美術館へ移動する。庭園美術館は何度か入館しているが、庭園まで歩いたことはなかったと記憶しているので行ってみる。館内は改修中らしく入れないので、庭を歩くにはちょうど良いかもしれない。resize18_0144.jpgresize18_0143.jpg樹木は後楽園よりも太い木が多く、古いのかもしれない。ここは空襲を免れたのだろうか。

先に茶室がある。これがなかなか良い。resize18_0145.jpgresize18_0147.jpgresize18_0146.jpg全体的にコンパクトにまとまっていて、拡散した感じでなくとても良い感じに思えた。西洋庭園には野外テーブルと椅子があり、ランチを楽しむ人たちがいた。今頃は気持ち良さそうだ。昼を大分過ぎてしまい、腹が減ったのでまた次の機会、ぜひ来てみたいところだ。さらに欲張って、たてもの園は何度か行っているが今回も無料ならと思ったが、さすがに疲れたのでやめておいた。陽射しが強かったので水分を持参したほうがよい気候だった。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Pastisパスティス [食事]

ブザンソンからアルケスナンの製塩所(Saline royale d'Arc-et-Senans)を見学に行き、見学が終わって何か食べようと近くの店に寄ってみた。resize18_0124.jpgresize18_0126.jpg

このあたりジュラ地方のワインの味見のメニューが15ユーロ(2009年当時)だったので、これにしてみる。ワイン・Charcuterie・サラダ・チーズ、カフェがセットになっていて、とても良い値段だ。

見学してかなり歩いて喉が渇いていたので、キュウリがとてもうまかった。もちろんワインも肉もチーズもうまかった。charcuterieはハムやチーズの加工肉の盛り合わせだ。赤いのはビーツでフランスではポピュラーなものだ。

このジュラ地方のワインはヴァンジョーヌといわれる、黄色く酸化熟成されたワインだ。resize18_0127.jpgresize18_0128.jpg猫が寄ってきたので、コンテを少しあげた。

resize18_0125.jpg

しばらくしてフランス人カップルらしい二人が入ってきたので、目礼する。何をたのむのかなと思っていると、男の方はパスティスを注文した。こういうときに飲むのかと思い、かっこいいなと思った。夏の食前酒に会うようだ。白濁していたので、水で割ったのだろう。

パスティスはアニスの匂いの酒で、他の地域ではギリシャのウーゾ(ouzo)やトルコのラク(rakı)などがあるようだ。

resize18_0131.jpg

アルケスナンの製塩所は『美の巨人』を見て行きたいと思ったところだった。屋根の勾配と大きさのプロポーションがとても美しい。小学生?の集団が見学に来ていた。resize18_0129.jpgresize18_0134.jpg最近アート関連のTV番組って面白くなくなってきてる。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

なまずの天ぷら定食、閉店 [食事]

彼岸と盆に墓参りに行き、その後の楽しみの食事として、なまずのてんぷら定食がある。寺のあるこの地は、なまずがとれたようで、昔からなまず料理が食べられていたそうだ。最近は養殖のなまずを使っているとのことだったが、白身でとてもうまい。特に皮の辺りがうまい。

今年の盆も寺で墓参りをして、その後汗をかきながら店の前に到着するが、なんと閉店してしまっていた。resize18_0133.jpg

いつも付け合わせの一品の味付けも良く、とても気に入っていただけにとても残念だ。この店は他にも公共施設にあと2店出店していたのでそこで食べることはできないかと調べると、一つは別の経営の店に変わり、もう一つの公共施設は休業中ということなので、思いがけずお気に入りの店でのなまずの天ぷらにお別れしなければならない日が来てしまった。店の形態は古いが、味も良く手ごろな値段のこういう店がなくなってゆくのは残念だ。そういえば春の彼岸のとき支払いを済ませて「また来ます」と言ったら、淋しそうな顔をしていたような気もする。

過去のなまずの天ぷらの記事

なまずのてんぷら定食 [2019/03/26 21:28]
なまずのてんぷら定食 [2018/09/22 23:45]
なまずのてんぷら定食 [2018/08/13 23:35]
なまずの天ぷら定食 [2018/03/20 14:15]
なまずのてんぷら定食 [2017/08/14 00:00]
墓参りの後なまずの天ぷら [2017/03/18 22:55]
なまずの天ぷら定食 [2016/09/22 20:32]
なまずの天ぷら定食 [2016/08/14 22:53]
なまずの天ぷら定食 [2016/03/21 23:33]
なまずの天ぷら定食 [2015/09/20 23:08]
なまずの天ぷら定食 [2015/08/13 16:45]
なまずのてんぷら定食 [2015/03/20 23:22]
なまずの天ぷら定食 [2014/03/21 23:45]
なまずの天ぷら定食 [2013/12/25 19:33]
なまずの天ぷら定食 [2006/03/25 16:15]


タグ:なまず
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -